○○○恒例のお節○○○

  • 2018.01.06 Saturday
  • 14:00


 今春の仕事始め。
新しく加わった若いスタッフも着物を着て、お店の皆が着物姿でのスタートです。
 娘時分の着物姿というのも、溌剌と明るく清らかで良いものです。


 お昼時にはお店恒例の、奥さん特製のお節と白味噌のお雑煮をいただきました。
以下、食レポのようになりますが、どうぞおつきあいください。

 水気が出ないように例年より少し太めにされたという紅白なますと、香ばしい胡麻のふりかけられた叩き牛蒡、くっきりとした旨味のあるお酢の酸味がさっぱりとして心地良いです。

 たいの子と数の子は、お節の中の一品というより、こちらと白ご飯だけでご飯として成り立つ主役級のコクのある贅沢な一品です。

 しわのないぼってりと大きな黒豆は、黒豆そのものの元気な味です。

 鶏むね肉に金時人参といんげんが巻かれたあっさりチキンロールは、こちらがあるとよりお皿が華やいでご馳走感がアップします。
早速作り方を奥さんに教わりました。

 最後にお抹茶を練り込まれた新春らしい色目の栗きんとん。
上品な甘さです。

 


 こうして文章で再現してますと、もう一度同じお節を家でゆっくりといただきたくなります。
休憩中にいただくのはもったいなく感じるお節です。

 


 お雑煮はいつもの頭芋を蝦芋に。
頭芋ではお芋の下のお餅に辿り着く前にお腹が膨れてしまうのでということ。
確かにちょっとしたボールぐらいはありそうな豊かさでした。

 祝い箸の箸袋が今までは白地のキリリとしたものでしたが、今年は紅型の様な色合いのかわいらしい柄で新鮮でした。

 


 また今年も、お店からも一年の元気と幸せの後押しをいただいたのでした。

 つくってくださった方の良い気が入ったお料理をいただけるとは、繰り返される日常の中ではつい当たり前の事になってしまいがちですが、本当はとてもありがたい出来事なのだという事を感じ入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

total access

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM