⏹⏹もち花飾り⏹⏹

  • 2018.01.01 Monday
  • 15:00

 

 

 

新春に京都の旅館や料亭の玄関先や床の間、店々の内外を彩る「もち花柳」。

 

 



 

 


なんとも愛らしくて華やいだ気分になりますね。


もち花の由来は、東北地方や飛騨などの雪国で花のない季節に葉を落とした木の枝に紅白の餅をつけて花にみたてたとか、
小さく切った紅白の餅や団子を、柳や榎などの木の枝に刺し、稲の穂に見立てて、五穀豊穣を祈って飾られたとか、地方により諸説あるようです。

そういった由来もふくめ、お正月飾りとして節分から旧暦のひな祭りまで飾るところが多いようです。
老舗旅館の玄関に一年通して、お守りとして飾られているのも見かけます。


 


かつらぎでは、毎年年末にもち花柳を手作りして店にディスプレイしております。
ここ20年ほどは径2.5僂里泙鶸檗嵒餠漫で作っていたのですが、やはりほんまもんのお餅でと、今年はつきたてを柳につけてみました。
白4、紅1といった割合で、作り手の好みで小さめに。

 



 

 

 


つきたては柔らかいので、餅粉にまぶしたものを手のひらサイズにちぎって、指先で加減をみながら柳の上の方からくっつけていきます。
長い枝で2m20儖未△襪里如立ったり座ったりしながら3日ほどかけて仕上げ、さらに2日ほど外気に当てます。

乾くと少し小さくなるのですが、青々とした柳に愛らしい紅白の小花が咲いたようで、枝振りを整えながら店先と店内に飾り終えると、一気にお正月気分が高まります。


どうぞ今年もかつらぎをご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 



     
━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 


 

 

コメント
コメントする