ーーもうすぐ後祭ですーー

  • 2018.07.22 Sunday
  • 21:39

 先達てもお伝えしましたとおり、息苦しいほどの熱風を感じる異常な暑さのなかで執り行われた17日の前祭。
24日には後祭があるのですが、熱中症が懸念されるため、山鉾巡行後の花傘巡行のみ中止になりました。
(24日(火) 午前9時30分からの山鉾巡行は予定どおり執り行われます。)
 暑さのせいで花傘巡行が中止になるとは異例の事なのですが、それも納得の超猛暑が連日続いております。

 17日は例年どおりお店番をしながら、河原町通りを巡行する山鉾を眺めておりました。

 写真は「くじとらず」で毎年必ず巡行の先頭に立つ長刀鉾。可愛らしいお稚児さんが見えます。

 

 

 

 


 二枚目は鉾の前に立つ音頭とりのお二人が、前のめりになりながら掛け声とともに扇子で合図を出されています
聞いている方もキリリと気の引き締まる心地よい緊張感のある掛け声です。

 

 

 

 

 


 三枚目はユーモラスな動きから老若男女問わず人気が高い蟷螂山です。
 鎌を振り上げたり羽根をバサッと大きく広げたりと、からくりの蟷螂が動く度に沿道の観衆から「わぁ」と明るい歓声が上がり、お祭りの雰囲気がより一層盛り上がります。

 

 

 

 

 


 この辺りでお客様のご来店が増えてまいりましたので店内に戻ったのですが、今年は今まで以上に海外からのお客様が多く、巡行を楽しまれていました。
 

 


 そうこうしてます内にお昼になりまして、奥さんが毎回作ってくださる「祇園祭のお昼」を戴きました。
 (また私いつもの食レポです。)

 おすましには普通のお豆腐ではなく玉子豆腐を入れてくださってます。
三つ葉独特の濃い青々した香りに負けずに、真逆の玉子豆腐ならではの丸い味で、このコントラストが非常にクセになります。
 家でもマネをしようと思いますが失念してしまい、翌年の祇園祭の日に再び戴いて「そうそう。そうやった。」と毎年思うのでした。

 ちらし寿司にはしらすと白胡麻、細かく刻まれた人参が混ぜ込まれており、お箸でとった時の面も見映えして目にも美味しく、ちらし寿司好きにはたまりません。

 お味噌で味付けされた鶏団子もはっきりした存在感で待ってましたのメニューです。

 そしてなんと言っても冬瓜のあんかけ。実の娘さんもすぐに「これお母さんが作ったん?」と聞かれたそう。
 ここまでというぐらい薄口であっさりした中にも奥深い滋味があり、なんとも「。。美味しい。。」としか言いようがなく、最後にお皿に残った餡だけをすくって戴いても、更にもう一口と戴きたくなるこれもなんとも表現の仕方がわからない美味な旨味が濃縮されていました。
 秘訣は昆布とかつおでしっかりお出汁をとっただけとの事でした。

 食事が大好きな私ですので、お世辞でなく「こだわりを持って丁寧に作られた本当に美味しいお店」だけで戴けるようなお食事で、贅沢にもお昼ご飯から恍惚としました。

 

 

 

 


 さて、24日の後祭まであと2日。
お越しになる際はくれぐれも入念な暑さ対策万全でお楽しみ下さい


 

 

 

   

 

 


 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

total access

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM