坂本龍馬 没後150年 慰霊祭

  • 2016.11.15 Tuesday
  • 22:50

 

 

 


坂本龍馬は、旧暦の天保6年11月15日に生まれ、

 


慶応3年の同じ日に、亡くなりました。

 

 

没後150年にあたる今年は、

 

 

ゆかりの各地で、さまざまな記念の催しが行われています。

 

 

 

 

 

 

今日は、

 

 

襲撃され命を落とした河原町の近江屋跡において、

 

 

河原町商店街主催の慰霊祭が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取材陣が撮影するなかで式典はすすみ、

 

西光寺住職の読経があり、

 

多くの参列者が焼香台に並びました。

 

 

 

いつもは大勢の観光客がにぎやかに行き交う一角に、

 

お香の煙が細くたちのぼり、その香りで、

 

遠い歴史の出来事に思いが引き寄せられるような・・・

 

とても印象的なひとときでした。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、

 

一部の関係者は、三条下がるの「酢屋」前の式典へ。

 

 

こちらも多くの参列者がつめかけ、

 

龍馬さんの人気の高さがうかがわれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この秋の紅葉の色付きは、例年よりも早いようです。



「かつらぎ」のお店は、

 

夜9時半まで営業しております。


京都一の繁華街、交通至便な河原町商店街に、

 

どうぞお立ちよりくださいませ。
 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 
 

「ようやくの秋と弘法さん」

  • 2016.10.23 Sunday
  • 23:12

   

   10月も下旬に入って、ようやっと、京都も秋らしいさらっとした涼しい気候に変わってくれました。

 

 年々半袖を着ている時期が長くなっており、つい数日前まで色々な国から来て下さった観光客の方々が、

京都の秋は暑い、暑いですね。」

持ってきた中で一番涼しいブラウスを着てるのに暑いです。もう5日間もこのブラウスばかり着ています。」

とおっしゃられていて、本来は涼しいはずの10月の京都に来られる方は、服装の準備に悩まれるだろうなと思っておりました。

 

 でも、これからはさすがに半袖はいりませんよ、と書きたかったのですが、週間予報を見てますと、まだお昼間は夏日近くまで気温の上がる日がある様子。

 

 近々京都にお越しの方は、お昼間に歩きまわられても涼しく過ごせそうな薄手のお洋服と、羽織るとしっかり風を通さない上着や厚地の大判ストール等、両方のご用意をなさる事をおすすめ致します。

 

 

 

 

 さて、そんな秋めいてきました中、弘法大師空海の月命日の21日に毎月東寺で行われてます縁日の市、「弘法さん」をのぞいてきました。

 

 歴史を感じさせるがっしりとした大きな門の向こう側、広い境内にびっしりと1000軒以上の露店が並んでいて、近づくにつれ門の外まで賑わいがあふれて見え、自然楽しい心持ちになります。

 

 露店は古布の端切れや着物、手作りのお人形、ガラス細工、陶器屋さん、靴屋さん、盆栽、果物屋さん、骨董屋さん・・・とても書ききれない多岐にわたるジャンルのお店が出されていて、見ているだけで楽しいです。

 

 弘法さんに来る度に、今日こそは一ついただきたいと思っている盆栽やさんへ。

 

 秋らしく赤い実の小さな盆栽や、黄色い実が鈴成りでかわいらしい金柑。変わったところでは、20兮らずの高さで、華奢な細い細い枝先の方に大きな実が2つもくっついていて「重そうやけど枝は大丈夫なんかな。」ときになったキウィの盆栽。

 

 花が咲いて実のなる盆栽を求めて何回か見に来ているのですが、毎回見ている内に満足してしまい、結局今回もいただかずに、次回のお楽しみとなりました。

 

 京都では弘法さんや天神さんをはじめとした縁日の市が、市内のお寺さんで毎月開かれています。

 待ちに待った遠足日和な気候になってまいりましたので、京都にお越しの際は是非足をのばされてみてはどうでしょうか。

 

 お気に入りになる品と出会えるとよいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 
 

【 八坂神社の節分祭 】

  • 2016.02.01 Monday
  • 23:54







2016年の節分の日は2月3日(水)です。

今年の立春は2月4日、立春の前日が節分です。

立春(元旦)からの新年を災いなく迎えられるよう、厄払いをします。



かつらぎ、の氏神さまは八坂神社ですので、毎年お参りにでかけます。

奉納舞踊や福引きも楽しみに、たいへん多くのひとでにぎわいます。





【 八坂神社の節分祭 】

平成28年2月2日(火)・3日(水)9時〜
豆まき、景品付福豆授与(1袋300円)、甘酒の接待。
四花街による舞踊奉納。

【舞踊奉納と豆撒き】
  2日/13時 先斗町、14時 弥栄雅楽会、15時 宮川町
  3日/11時 今様、13時 祇園甲部、15時 祇園東 
 両日16時、参道商店街(祇園商店街・四条繁栄会)両振興組合による豆撒き。




【 吉田神社の節分祭 】

平成28年2月2日(火)〜4日(木)
古式に則り祭儀が執行され、
疫神祭などの特別神符や抽せん券付厄除福豆(1袋200円)等が授与される。

2日 前日祭/8時〜 疫神祭   18時〜 追儺式 
3日 当日祭/23時〜火炉祭 
4日 後日祭/13時〜 福豆抽選会 (4日は露店無し)








当ブログの以前の記事はこちらです。

「かつらぎブログ」京都の節分のこと
http://kyo-katsuragi.jugem.jp/?eid=8








覚え書きとして、いまわかるだけを下に記します。
(もっとほかにたくさんあるはずです。)


【 京都の「だるま」授与 】

「 姫だるま(厄除けだるま・だるまみくじ) 」

壬生寺「起上がりダルマ守」…節分のみ授与
石像寺(釘抜地蔵)「厄除招福だるま」…節分のみ授与
法輪寺(だるま寺)「竹串についた福だるま(護符付き)」「おみくじだるま」…節分のみ授与
仲源寺(目疾地蔵)「厄除け開運起き上がりだるま」…節分から2月末まで授与
引接寺(千本ゑんま堂)「金上りだるま」/ほかにも だるま各種 …
矢田寺(矢田地蔵)「だるまみくじ」…
吉田神社「だるまみくじ」…通年授与
日限地蔵尊 安祥院(ひぎりさん)…通年授与
市比賣神社「「姫」みくじ」…通年授与

 (上記、2014年2月の情報です。)



「 少しだけ大きめ 」

千本釈迦堂(大報恩寺、真言宗)のおかめだるま


「 受付で授与されて奉納する「高崎」のかたちの小さいだるま 」

南禅寺塔頭 慈氏院・達磨堂 …通年授与








 






 



     
━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

 


 

「初天神」北野天満宮

  • 2016.01.25 Monday
  • 21:30






 

毎月25日は北野天満宮に市がたちます。
 

一月の25日は「初天神」、

初詣のひと、受験のお願いのひと、

市でのお買い物を楽しむひと、梅の開花を待つひと・・・

多くの人々でにぎわっていました。


 

P1254346-2.jpg



 

P1254349-2.jpg



 

P1254351-2.jpg




o0800045013530874127-2.jpg





平成26年度から、60年ぶりに復活した授与品、

招福の梅の枝「思いのまま」です。

 

境内の梅の剪定の時の梅枝(ずばい)に厄除け瓢箪をつけたもの。
 

災難厄除・学業成就の神徳あらたかだそうです。

水に挿しておくと、梅の花が咲くというので楽しみです。
 

 










小さな瓢箪の中には、厄よけ玄米が入っています。
2月25日の梅花祭での神饌に使われるのと同じ玄米で、
家で白米に混ぜて炊き、いただくことができるのです。







 

「梅のてぬぐい」

    
 各種 864円(税込み) 









 


 

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
 

営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 


 

「京都駅」

  • 2015.11.04 Wednesday
  • 18:00





今日の京都はとても美しい青空でした。


 

京都駅烏丸中央口の「京都タワー」。地上からの高さは 131メートル。



京都市内で最も高い建造物だそうです。
 



秋の観光シーズンが到来し、駅前は、いつもにまして多くの人が行き交っています。












京都に着いてすぐに、とまどうのが移動手段だと思います。



下の写真は、「清水寺/銀閣寺」行きのバスに乗るための順番待ちの列です。



旅先では、限られた時間を有効に使いたいものですが、

「秋の日はつるべ落とし」・・・

この時期の京都ではとくに、余裕をもって予定を組まなければいけません。








「かつらぎ」のお店は夜9時半まで営業しております。


京都一の繁華街、交通至便な河原町商店街にも、どうぞお立ちよりくださいませ。
 


 





 



     
    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 



 

京都の桜、まもなく開花です。

  • 2015.03.22 Sunday
  • 09:00


このところ暖かい日が続き、ようやく春を実感できるようになりました。

観光のお客様も増えて来て、今年の桜はどうかと…情報をたびたび見聞きします。



京都の桜は、早咲きから遅咲きの桜まで多種多様で、それだけ長い期間のお花見を様々な場所で楽しむことができます。



関東のかたはとくに桜と言えばソメイヨシノの一斉開花をイメージしますし、観光ツアーでお越しですと、時間に追われながら「ちょうど満開」の桜を狙いがちです。


でも京都では、満開のすぐ隣りの桜の木はまだまだつぼみだったり、すでに散りかけていたり。
同時期に桜のいろいろな表情に出会えることこそが京都の桜の魅力ですから、訪れた一カ所が満開のピークでなくても、どうぞがっかりなさらないでください…♬




さてこちらは、かつらぎのお店からもほど近い、御池通河原町 北西角の「京都市役所」です。

全国の県庁所在地で、戦前に建てられた市庁舎が現存するのは静岡、名古屋、京都、鹿児島の4つだそうです。 その中でも最も古いのが、昭和2年(1927)から6年(1931)にかけて、武田五一監修で建てられた京都市庁舎。
なかなか重厚な造りですが、前の広場は市民におなじみの憩いの場で、お散歩の人がたえず行き交い、子供が遊んだり部活の練習をしていたり、イベントやフリーマーケットで大賑わいのときもあります。








この角のところに、昨年1本の枝垂れ桜が植樹されました。かつらぎ も参加している「京都商工会議所女性会」が、創立30周年を記念して寄付したものです。一段高いところに植樹されたので、近付くとはるかに見上げる高さです。


かつらぎで、一年目の今年の花付きはどうだろうか、という話が出ていたので昨日見に行ったところ、つぼみが赤く膨らんでいる枝が見えました!  ズームで寄ると、いくつか花びらがほころんでいるのも見えます…!



この場所に枝垂れ桜が咲いたら、どんなにか美しい景色でしょう。


信号待ちをしながら、みなさん楽しみに毎日見上げて愛でるものと思われます。





















かつらぎのお店では、

桜の開花に先駆けて、春色の商品をたくさん揃えております。


スタッフおすすめは、「ガラスのピアス」。

ガラス玉の中にひとつひとつ、桜の花が描かれているのです。

品良く揺れるタイプは、着物にもお洋服にもなじんでとても可愛らしい…。

アレルギー対策のシリコン樹脂製のフックピアスです。









【 ガラスのピアス 】 各色一組 1,080円(税込み)




ほか、桜のてぬぐい、ハンカチ、器など、

贈り物にもぴったりの商品をたくさん取り揃えて、

みなさまのお越しをお待ちしております。

















 











 

 


   ━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━       

 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

  http://kyo-katsuragi.com/ 京都 和雑貨 お土産 郷土玩具 kyo-katsuragi かつらぎ







 

〜京のひな祭り〜

  • 2015.02.23 Monday
  • 22:26

 

〜京のひな祭り〜 


  立春を過ぎると、梅に続いて桃の花も咲きはじめ、いよいよ春が訪れます。3月3日は桃の節句。女の子の健やかな成長を祈るお祭りです。
 
 
 桃の節句、上巳(じょうし)の節句は三国時代のころの古代の中国から伝わったといいます。古代の中国では季節の変わり目、節分には災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられ、旧暦3月最初(上句)の巳の日(現在の4月頃)に川で身を浄める禊をし、紙などで作ったひとがたで身体を撫で、息を吹きかけたりして、罪穢(つみけがれ)を移して水に流すお祓いが伝わりました。現在でも、無病息災を祈る「流し雛」の神事や素朴な習俗として伝わっています。     
           

 雛祭りは平安時代の京都・平安京の貴族の子女の遊び、人形遊びから始まりました。江戸時代には武家階級から商人・庶民へと伝わり、次第に3月3日に、女の子のお祝いの儀式として人形を飾り、桃の花を飾って、白酒やばら寿司などを楽しむ節句祭りのしきたりが定着していったとされています。
  
  
 また、江戸時代になると紙だった雛人形が今のように豪華になっていきました。
雛飾りは、平安時代の宮中を表わしています。   
京雛と関東雛では男雛と女雛の並ぶ位置は逆で、京都の並べ方は向かって右が男雛、左に女雛です。
即位式を挙げられた大正天皇が西洋式に右に立たれ、以降は昭和天皇も右にお立ちになり、皇后は左にお並びになられたからのようです。
(かつらぎの店頭のお雛様も右が男雛・左が女雛です)    
  



  
 雛人形は晴れた日に飾り、晴れた日にしまいます。
飾る時期は節分をすぎてから、大安、友引などお日柄の良い日に飾ります。       
 3月3日が過ぎたらすぐに片付けないと女の子の婚期が遅くなると言われていますが、 雛人形は、母と娘が自分が生まれてからこんなに皆に大切に育てられてきたのだということを伝えながら、一緒に飾り付けをすることで、愛情が受け継がれていくといいます。
   

 

*京都のお祝い膳
 
 ひな祭りのお祝い膳は、「ばら寿司」、はまぐりのお吸い物、
赤貝の酢味噌和えなど、 春らしく、華やかな女の子のお祭りにふさわしい献立です。     

はまぐりの吸い物は、はまぐりの貝殻が貝合わせという遊びに使われるように、一対になっている相手以外とはビッタリと合いませんので、一人の人と生涯連れ添うようにという願いがこめられています。
雛あられや菱餅、白酒とともに、雛壇のおひな様に見守られながら家族や親族、友人と祝います。



*桃の節句と呼ばれる由来

 桃は、古代中国で魔よけの力があると考えられていて、その考えが日本に伝わり、卑弥呼も桃を供えていたことから、桃に対する魔よけ信仰となりました。
この桃の信仰とひな祭りが結びついたのは、旧暦の3月3日の頃は桃の花の季節だったことと、「五節句」が邪気払いを基にするため、「上巳の節句」に桃の呪力の信仰が結びつきやすかったからのようです。






ひなまつり 松尾大社

日程: 2月28日

時間: 祭典(拝殿にて)10:00〜 流しビナ10:30〜

料金: 参列者無料
  神事の後、松風苑の曲水の庭において、雅楽の調べとともに「流しビナ」の行事がおこなわれます。
その後、宴会場に移動し、ひなまつりにちなんだ楽しい催し物もおこなわれます。

 
松尾大社




 

流し雛 下鴨神社

日程: 3月3日

時間: 受付10:00〜 神事10:30〜
 流しびなは平安時代に始まったといわれています。
子供の健やかな成長を願い小さな人形を子供の身代わりに川や海に流し厄を払う行事です。
神事後、境内の御手洗川へ和紙で着物を作り、顔は土で丸め胡粉を塗った素朴な人形を乗せた桟俵(さんだわら)を子供たちの無事を願い流します。一般の方も流すことができます。
桟俵を買い求め家に持ち帰り、一年間家で飾っておき、翌年に流されるのが一般的ですが、買い求めてその場ですぐに流されてもいいです。
 
下鴨神社



 

桃花神事 上賀茂神社

日程: 3月3日

時間: 10:00〜
 おごそかにとりおこなわれる神事は神前に草餅や桃の花・こぶしの花を供え無病息災を祈願します。
儀式に一般の観光客の方も参列することが出来ます。

 
上賀茂神社




 
日程: 3月3日

時間: 13:00〜16:00

料金: 1000円
 ここのひな祭りはめずらしいので有名です。
大きなひな壇を作りその上に本物の人間が扮する男びな、女びな、三人官女、五人ばやしが勢ぞろいします。
官女の舞、十二単の着付けの実演や貝合わせ披露されます。

 
市比賣神社












 





━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━      
【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】
http://kyo-katsuragi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━





営業時間 10:30 〜 21:30

年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 



 

2015年、京都の節分行事

  • 2015.01.27 Tuesday
  • 16:39

京都の一年で、いちばん寒さの厳しい時期となりました。


京都では、毎年2月2〜3日にかけて、多くの社寺で節分祭が開催されます。


厄除け開運、無病息災を祈願して、
豆まきの儀式はもちろん、狂言や舞の奉納など様々な行事がとりおこなわれ、たくさんの人出でにぎわいます。



2015年度の各寺社の開催についての情報が、下記のサイトにまとめられています。

「そうだ、京都行こう」京都歳時記
http://souda-kyoto.jp/travel/saijiki/setsubun.html




当ブログの昨年の記事はこちらです。

「かつらぎブログ」京都の節分のこと
http://kyo-katsuragi.jugem.jp/?eid=8




かつらぎでは、毎年人気のオリジナル商品がございます。

ぜひ店頭でお手にとってご覧下さい。









 





━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━      
【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】
http://kyo-katsuragi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━





営業時間 10:30 〜 21:30

年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 





 


 

「初えびす宵の宮」

  • 2015.01.10 Saturday
  • 15:09



 

今年は1月8日〜1月12日、


京都ゑびす神社で「十日ゑびす大祭」があります。





かつらぎでは毎年10日に、


商売繁盛の神様 恵比寿様(えべっさん)に参拝して、


「吉兆笹」をいただきます。





「今年の宵ゑびす」の様子です。 

 







 






 

いただいて帰って、さっそくお店に飾りました。




 






 

 






 

今年もみなさまに良い年でありますように・・・。








 



 



 


   ━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━       

 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

  http://kyo-katsuragi.com/ 京都 和雑貨 お土産 郷土玩具 kyo-katsuragi かつらぎ

「 雪化粧の元旦 」

  • 2015.01.07 Wednesday
  • 22:10




 

師走からじわじわと底冷えが強くなってきたなと思っていたら、

元旦の昼頃から降り始めた雪がみるみる京の町を覆い尽くし、

雪国さながらの年明け風景となりました。




京都では61年ぶりの積雪とか・・



 

新雪に足跡を付けながらの初参り。

清々しさが増しますね。





 

七草粥がすんだら、「えべっさん」。

だるまさんに祈願を込めて目を入れ、

一年の家内安全・商売繁盛を願い福笹と共に飾ります。


 




大寒の中、

賑やかに行き交う人の波が新しい年の始まりを盛り上げます。























 ※  京都ゑびす神社 公式ホームページ

      http://www.kyoto-ebisu.jp/




 


京都市観光協会HP より








 



 


   ━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━       

 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

  http://kyo-katsuragi.com/ 京都 和雑貨 お土産 郷土玩具 kyo-katsuragi かつらぎ


 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

total access

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM