祇園祭 宵々々山へ

  • 2017.07.15 Saturday
  • 00:01

 

 

(* 動画再生の際は、音量にご注意ください。)

 

 

 

今年の祇園祭は今のところお天気に恵まれ、昼も夜も、たいへんな賑わいです。

 

もうもう、それはほんとうにたいへんな賑わいで・・・・・

 

実は、身の危険を感じるほどの混雑・・・という場所もあります。

 

 

 

私が知人を案内して歩くのは、まだ露天の出店がないとき、、、

 

前祭なら、宵山行事の初日の14日、です。

(後祭は露天の出店はありません)

 

 

まだ交通規制もゆるやかなので、鉾町を自由に行き来して会所飾りを見学し、祇園囃子を鑑賞し、

 

ちまきやお守りを求めて鉾町の方々との会話を楽しむこともできます。

 

 

 

 

 

こちらの画像は、午後7時すぎの太子山町。

 

このあたりは33の鉾町のなかでももっとも南西にあり、昔ながらの町並みが残る区域です。

 

太子山は「応仁の乱」の前から、現在もかわらず同じ場所で続く歴史を持っているのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の画像は補正をかけています。

 

実際には、見えるのはこんな感じです。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

駒形提灯のあかりで人々の横顔が照らされ、

 

 

行き交う人のざわめきの向こうから、子供たちの唄がくりかえし聞こえてきます。

 

 

唄声に誘われるように大人たちがちまきを求め、ろうそくを献灯していく、

 

 

この、なんともなつかしいような、美しい情景・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeに動画を掲載しましたので、

 

ちょっとだけ雰囲気をお楽しみください。

 

(音量にご注意ください)

 

 

 

2017祇園祭「太子山」知恵の座

 

聖徳太子にちなむお守りの授与やろうそくの献灯を、

 

こどもたちが昔ながらの唄で呼びかけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな提灯の足元を見ると、

 

ああ、ふだん道路に点在している四角い「穴」は祇園祭のためだったかと、合点がいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

太子山の「会所」は古い町家です。

 

 

積み重なった時の重みも感じられて、

 

 

見学の人々も自然と、ため息まじりのひそひそ声になります。

 

(許可を得て撮影させていただきました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「太子山」より少しだけ北東に行くと、「芦刈山」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの刺繍の前掛の原画は、京都の日本画家 山口華楊の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

芦刈山の会所では、国の重要文化財の御神体衣装や、

 

美しい前掛・胴掛を間近で鑑賞できるよう飾られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて少し北上して、

 

 

こちらは四条烏丸からほど近い「御手洗井」です。

 

 

この井戸は普段は木製の柵で閉じられていますが、祇園祭の短い期間だけ、開放されています。

 

 

地下鉄工事でいったん途絶えたという井戸水も、くみあげられて清らかに流れ出ておりました。

 

 

 

 

 

 

 



 
 


 

 

 

まったくの私見ですが・・・、

 

 

前祭り宵山行事の初日の14日、

 

 

日常と、祭事と、境目のあいまいな感じが、とてもよいと思っているのです。

 

 

 

 

こちらもちょっとだけ、動画でご覧になってください。

 

 

(音量にご注意ください)

 

 

 

 

 

2017 祇園祭 14日宵山 「月鉾」


14日、まだ歩行者天国にならないので、

 

バスが行き交う日常に響く祇園囃子が、独特の雰囲気です。
 

 

(音量にご注意ください)

 

 

 

 

 

 

2017 祇園祭 14日宵山 「長刀鉾」(市バス車内から)

 

14日はまだ歩行者天国ではありません。


一瞬ですが、

 

いつもの通勤市バスの車窓から・・・流れる長刀鉾が夢の一コマのようです。

 

(音量にご注意ください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年かつらぎでは、「太子山」と「芦刈山」の保存会にご縁をいただき、

 

 

巡行で履いていただく、白鼻緒の「わら草履」をお納めいたしました。

 

 


新潟の熟練の作り手さんによる手作りの「わら草履」。
  


とくに「白鼻緒」は伝統行事の神事や仏事に欠かせない大事な装束のひとつです。
 
 

 

 

祇園祭は、前祭も後祭も、花傘巡行も、

 

 

かつらぎの店舗のある河原町通が巡行路です。

 

 

今年はわら草履の足元にも注目しながら、

 

 

一緒に歩く気持ちで見守りたいと思います。

 

 

 

 

 

当店は祇園祭期間中も通常通り、夜9時半まで営業しております。

 

 

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園祭山鉾連合会連合会 ホームページ

http://www.gionmatsuri.or.jp/yamahoko/

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

 

 

 

 

 

 

 

〜「祇園祭」近し〜

  • 2017.06.18 Sunday
  • 12:13

 

 

今年も祇園祭前祭の山鉾巡行(7月17日)で先頭を進む長刀鉾に乗る稚児と補佐役の2人の禿(かむろ)が決まり、1日、長刀鉾保存会の発表がありました。

 

この知らせを聞くと、「いよいよやな〜」と浮き立つ気持ちになります。

 

 

八坂神社の御神紋は「五瓜に唐花(ごかにからはな)」と「左三つ巴(ひだりみっつともえ)」というもので、見た目がキュウリに似ていることから、氏子は「祇園祭中は、キュウリを食べたらあかん」としてきました。

 

最近では頑なに守っているお家は少なくなってきているようですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園祭は33の山鉾があり、それぞれ町単位の保存会によって運営されています。山鉾それぞれに独自の歴史・いわれがあり、それに基づいた行事や風習・懸装品と呼ばれる美術品が今に残ります。

 

それらを見て回る「宵々山・宵山」から巡行当日がハイライトです

 

山鉾それぞれにご神体、ご利益があり、それは各山鉾によって違い、例えば鈴鹿山や占出山では安産祈願の粽を、保昌山では縁結びの粽を授与していただけます。

 

 

 

今年かつらぎでは、「太子山」と「芦刈山」の引き手の履く、白鼻緒のわら草履を制作、納めさせて頂きました。

 

 

晴れの巡行が一層楽しみです。

 

 

 

 

「太子山」

 

 

 

 

 

「芦刈山」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園祭山鉾連合会連合会 ホームページ

http://www.gionmatsuri.or.jp/yamahoko/

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「水無月」

  • 2017.06.01 Thursday
  • 21:11

 

 ついこの間まで、やっと春が来たっと思っておりましたのに、このところ急に連日の30度越え、真夏日が続いております。

7月上旬の気温なのだそうです。

 

 

 ここ数年、春の次の「初夏・梅雨」を飛び越して、いきなり「夏」に入るようで、小学生時代に授業で習った「日本の気候」とは随分違ってきました。

 

 観光をされている方も、見るからに暑そうにされています。京都は盆地ならではの、まとわりつく濃い湿気がありますので、体感温度が余計に上がります。 あまり湿度の高くない国から来た方はこたえられることでしょう。

 

 

 さてそんな折、お三時にと、暑気払い・疫病除けの願いを込めていただく「水無月」をちょうだいしました。

 三角の形は氷室の氷を表し、小豆は悪魔払いの意味があります。

 節分の時にも鬼に豆を投げますし、そもそも「豆」の語源には「魔が去る」という意味合いもあるそうです。

 

 おやつと夕食後の2回に分けていただこうかと思案する大きさと厚みのある水無月でしたが、いかにもお砂糖の風味ではなく、ほのかな甘みで、まさに暑気払いに効果がありそうな涼しいあっさりさでつるりと一瞬で食べ終えていました。

 暑さや湿気で食欲が出ない時も、甘さ控えめの水無月でしたら、美味しくいただけそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 夏は日が長く、お祭りに出掛ける直前のような生き生きとした活気に満ちるので、大好きな季節なのですが、いかんせん太陽と人間の根競べをするような猛暑は苦手で今から思いやられていたのでしたが、

 

そんなちょっとした憂鬱なんかは吹き飛ばしてくれそうな、夏らしい元気な絵柄のてぬぐいたおるが入荷してまいりました。

 

 


二重ガーゼですので、水分をよく吸い取ります。

 

1枚¥648(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

 

 

 

 

 

 

 

たおるはんかち・手拭いの新柄が入荷しました

  • 2017.04.27 Thursday
  • 21:11

 

 

 季節外れの肌寒さがつづいておりますが、G・Wに合わせたかのように、数日後には夏日が続く暑い5月の始めになるらしいですね。

 

 お店にも初夏らしい爽やかな「ビードロ」や「レモネード」と、名前からしてどこか懐かしい響きの絵模様が入った商品が入荷してまいりました。

 

 

 

〜夏のワンピースや着物・浴衣にもぜひどうぞ。

       カゴbagの目隠しにもかわいらしい〜

 

 

・和たおるはんかち ¥540

・手拭い ¥864〜 

・小風呂敷(50cm) ¥540

・中風呂敷(70cm)  ¥1080

・晴雨兼用日傘 ¥4212

 

 

 

お出掛けの用意の時に、季節にあった小物を一つカバンに入れるだけで、より楽しい気持ちに弾みがつきますよね。

 

 

☆手拭いは首に巻いて日焼け防止に、水に濡れても薄手ですぐに乾きますので、バーベキュー・キャンプ・ピクニックに一枚あると便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅枝垂れ桜も見頃です

  • 2017.04.15 Saturday
  • 20:04

 

  4/14(金)、桜が咲き始めてからやっと朝から青空に恵まれましたので、河原町今出川より少し北にある葵橋から上賀茂神社まで、賀茂川沿いに途切れなく咲き並ぶ桜を楽しめる約3.5Kmを歩いてきました。

 

 写真は道中の「半木の道」の八重紅枝垂桜です。

まだ所々つぼみが残っていましたので、この週末も綺麗な状態でお花見を楽しめることと思います。

 

 さて、ここからはこぼれ話です。桜を眺めながらお弁当をいただいていた折、急にお弁当箱を持っていた手に、バンっと強い衝撃が来て、同時にお花見の人達がこちらを向いて笑っている声がして、一瞬何が何だか全くわからなかったのですが、とんびにお弁当の天ぷらを攫われたのでした。以前にもパンやらドーナツやらをとられた事があるので、用心して空にとんびが旋回していない場所まで辿り着いてからお弁当を広げていたのですが、敵の方が上手でした。

そう言えば最初はまわりに鳩がわらわらといたのに、いつの間にかいなくなっていました。あれがとんびが近づいてきた合図だったんですね。

 

 さきほどのとんびは、目の前数m先で、ヘリコプターのように空中の同じ場所に浮かんだまま、器用に足に掴んだ天ぷらをいかにも野性的な食べ方でついばんでいました。

 まだお弁当は2/3近く残っていたのと、期待以上に美味しかったので、天ぷらの置いてあった付近以外を食べようかと迷いましたが、とんびの足の雑菌は遠慮願いたいので勿体ないながらも片付けました。

 

 片付けてから上空を見ますと、天ぷらを食べ終えたとんびが、数m上から大きく羽根を広げて真っすぐにこちらを見下しており、しっかりと目が合いました。

 とても腕白そうな目で、でも猛々しさはなく、意外にかわいい顔のとんびでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

染井吉野が見頃です

  • 2017.04.09 Sunday
  • 02:32

 

 

例年より一週間ほど遅れましたが、高瀬川や鴨川沿いの染井吉野が八分〜満開になりました。

 

 ただ意地悪なことに、染井吉野が見頃を迎えると毎年のように必ず雨が降ります。

今年も昨日7日(金)から雨で、しとしとと長時間よく降り続き、朝にはだいぶ散ってしまっているのではと気がかりでした。

 

が、開花して間がないので、雨に負けずにしっかりと花びらがくっついており、今のところはほとんど散らずにがんばっています。

 

 明日9日(日)はお昼ぐらいからはお天気が良くなる様子ですので、いよいよ青空と満開の桜を一緒に眺める事が出来るお花見日和になりそうです。

 

 寒い冬の間、桜が咲く時季の風景や、暖かな気候を心待ちにしておりましたが、いざ桜が咲き出すと「あれ、あれ。」と早く、数日前まで冬の寒さが確かに朝晩残っていたものの、急に、しばらく歩くと暑く感じるほどに一瞬で気候も入れ替わり、めまぐるしい季節の移り変わりに、おいてけぼりをくった気がします。

 

なにかにつけ、「待っている」時が一番楽しいものですね。

 

 

 

 

一枚目の写真

 

高瀬川沿いです。視界に入る手前から向こう端まで、枝にボワボワとボリュームのある桜の丸々としたかたまりがびっしりとくっついていて、「お見事!」と桜の樹に声を掛けたくなるような気風の良さを感じました。

 

 

 

 

 

二枚目の写真

 

鴨川沿いです。青紅葉の柔らか気で、さわりたくなる瑞々しい若葉と、白い雪柳も満開で、甘い良い香りがしています。青紅葉の清々しさも桜と同じくらい魅力的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四枚目の写真

 

曇り空が惜しいところですが、五分咲きのしだれ桜の華やかな濃いピンクと、明るい黄緑色の青柳とのコントラストが春らしく素敵でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

「啓蟄」

  • 2017.03.06 Monday
  • 15:50


 3月になりました。
まだまだ朝晩は真冬のコートで丁度よいぐらいの冷え込みが続いておりますが、ひるまの道端に今年初のみみずを見つけました。
 3/5は啓蟄。去年までとは違い、今冬は久しぶりに3月に入ってもしっかりと寒さが続いていますが、土の中は徐々に春の暖かさに変わってきていて、当たり前ですがカレンダーなど持っていないみみずにも「春が来た!」とわかるんですね。

 と、ここまで書いて、念のため「啓蟄」を調べてみますと、『冬ごもりをしていた蛙や昆虫等が土の上に出てくる』という事で、みみずについて調べても冬眠するとは載っておりません。

 たまたま前日に雨が降っていたので出てきていただけなのか、でも冬の間は一度も姿を見なかったしなぁと結局ほんとのところはわかりませんが、春の訪れ実感した(みみずは啓蟄とは無関係かもしれませんが)3/5なのでした。


 


 写真は鴨川から北の方角に見える山の残雪を写したかったのですが、今日は白く霞んでいて、目では見えるのですが、写真になるとほぼ写りませんでした。

 何年かぶりでよく雪が降った今冬は、嬉しいことに山々の頭が雪化粧されている日が冬中ほとんどあり、大橋を渡る時に山の雪の積もり具合を確認するのが冬の間の楽しみの一つでした。

 写真の右側の枝は鴨川沿いの桜の枝なのですが、あと数週間もすれば一斉に開花し、辺りの風景が一気に華やかな春爛漫という言葉そのものに変わります。

 


 その時にまた鴨川沿いからの写真をお伝え致しますので、どうぞおつきあいくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

「立春大吉」

  • 2017.02.04 Saturday
  • 21:00

 

 

春が立つと書いて立春。
 
この言葉を聞くだけで、

これから何かが動き始めるという、何だかうきうきした気持ちになってきます。
 
  
昨日は節分。

各地の神社やお寺では、鬼の追儺式をはじめ様々な節分行事がとりおこなわれ、

特に京都では表鬼門にあたる「吉田神社」と裏鬼門にあたる「壬生寺」の節分会が有名で、

厄除節分会の期間中は大勢の人でごったがえします。
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 かつらぎの氏神様である祇園八坂神社でも、2月2・3日と

花街の芸舞妓と年男・年女による福豆まきがありました。

 

 まず、舞殿にて芸舞妓による奉納舞があり、

続いてご祈祷にて浄めの祭祀を受けた直垂姿の年男・年女により、

三宝に盛られた福豆が、厄除け招福を願う参拝者に「福はうち〜」のかけ声とともにまかれます。

 

 

  ちなみに、八坂神社には鬼がいないので、「鬼はそと」はなし。

「福はうち」のみの、何とも穏やかな豆まきなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 比叡に雪をいただきながらも、ゆっくりゆっくり春の初日を迎えた京都です。

   
 
 お雛さんもぼちぼちと出番を待たはる時分です。
 

 

 

 

 




 

 

 



     
━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「仕事始めに」

  • 2017.01.03 Tuesday
  • 11:23

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

皆様にはいかがな年明けとなられたでしょうか。

 

 

元旦と引き続き、仕事始めの2日目も暖かいお正月です。

いつもの日・祝日の午前中は、まだ人出がまばらなのですが、今日から百貨店の初売りということもあり、午前中から河原町通りを行き交う人々が大勢で、ご家族そろって歩かれる方も多く、お店のBGMもお琴が流れ、こんなに暖かいけど、お正月なんやなあとしみじみします。

 

 

お店でもう一つお正月を喜ばしく実感するのが、毎年お昼休憩時に奥さんがつくってくださるかつらぎ恒例のおせちプレートと白味噌のお雑煮。

 

祝い箸までつけてくださって、ますますお正月気分が出て嬉しくいただきます。

 

縁起良しで、目にも美味しい福々しいおせちとお雑煮には、お餅より更に大きなゴロンとした頭芋。

 

お餅は丸くてすべすべしていて、噛むとお米の粒々がちゃんと残っており、それがまた一段と美味しいものです。

 

白味噌のお雑煮は関西以外ではあまり食べられないそうですが、甘みが強く、日本酒のようなコクのあるとろりとした風味で、甘党の方も、お酒が好きな方も好まれると思います。

 

 

こうしてお店からも一年の元気と縁起をいただくありがたい仕事始めなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

「河原町にりょーま?さん」

  • 2016.12.02 Friday
  • 21:00

 

 

 

 

 

今年の吉例顔見世興行は、南座改修のため、先斗町「歌舞練場」にて、

 

11月30日(水)〜12月25日(日)まで催されます。

 

いよいよ師走!

 

 

 

さて、そんな何かと気忙しい年の瀬。

 

お買い物も増え、ついつい自転車で河原町通りを突っ切りたいという方もいらっしゃるかと思います。

 

でも、歩道は基本、自転車は走行禁止なのです。

 

 

外国人観光客のレンタサイクルも人気とかで、グループで乗り入れてこられる姿も。

 

確かに外国の方は、日本の自転車ルールはご存じないですね。

 

ゆっくり歩いているすぐ横を、スルッと自転車が通ってビックリ!という経験をされた方もあるのではないでしょうか。

 

 

河原町商店街ではそんな危険を避けるために、このような「自転車啓発路面シート」を東西43ヵ所設置し、

 

12月1日午後1時よりミーナ京都前で完成お披露目の式典が、門川京都市長や中京警察署長などを招いて、執り行われました。

 

 

 

 

 

 

りょーまさん風?のキャラクターは河原町オリジナルデザイン。

 

カクロクデザインの河本俊子さんが、威圧的でなく、河原町らしい、親しみやすいものを、と商店街の委員さんと約10ヵ月かけて作り上げられた肝いりのシートです。

 

 

 

「走ったらいかんぜよ〜」?と声が聞こえてきそうな・・・。

 

 

シートの彼の開いた手にハイタッチすると、ぐんとパワーがもらえるかも!!

 

 

こんど通られたら、試してみてくださいね♡♡

 

 

 

 




 

 

 



     
━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 


 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

total access

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM