◇◆◇京都のスパイシーカレー◇◆◇

  • 2017.11.06 Monday
  • 17:24

 

お休みの日に、「スパイスカレー」なるものを食べに行きました。

これまでの私の知っているカレーと言えば大ざっぱに分ければ2種類で、家や給食でもよくありますライスにルーをかけるタイプと、ナンといただくスープカレー状のものでしたが、今回の「スパイスカレー」は見た目も味も全く初めてのタイプでした。

それが、こちらの写真です。
 


 


数ヶ月前に「京都のカレー特集」をされていた雑誌で見かけ、色とりどりの見た目のインパクトに興味を持ち訪れたのですが、運ばれてきたお皿の第一印象は写真よりカオスな感じで、カレーと言うよりもただただ未知な食べ物で、どこからスプーンを入れていくのが正解なのだろうかと迷います。

じゃがいもに見えたのはカレー味のおおきめのゆで卵、豚バラ肉がゴロゴロ入っているので、結構なボリュームです。
お米は茹でるまえのお素麺をはさみでカットした様な細さでした。
ここまで細いタイ米があるのですね。

カレーが大好きなのですが、香辛料に特に強い方というわけではないので、一口目から私には辛めだなと思いつつ、何口目かになると、濃厚なスパイスの威力が発揮され、まるで漫画のように喉や目から火が出そうな状態になります。
お腹が心地良い程度にホカホカして顔に汗も出てきます。


ひきかけの風邪ぐらいなら吹き飛んでしまいそうな勢いで活性化の方向にぐいーっと引っ張られていくようでした。

「カレー」と聞いて想像出来るカレー味の部分も一部分ありますが、酸味のあるキウイペーストが混ざったり、パクチーが煮込まれていたり、甘みがホッとするごまペーストやかぼちゃペーストが混ざる部分や私にはわからない漢方のような香りの様々な香辛料がお皿の上のあちらこちらで混ざり合い、どんどん味が変化しますので、量は多めですが飽きの来ないカレーでした。


スパイスを摂取したため、食後しばらくは気が上がった状態というのか、体内が軽く小走りをした時のようにグルグルと血がめぐっている状態になり、スパイスのパンチ力、なかなかのものでした。


カレー好きな方、よろしかったら京都にお越しの際はスパイスカレー、お試し下さい。

一度食べるとやみつきになる方が多いようですよ。

 

 

このスパイスカレーのお店について詳しくは、

かつらぎスタッフにどうぞお声をかけてくださいね。

 

 

そして最後に、おすすめのカトラリーのご紹介です!

 

みなさまのご来店を、お待ちしております。

 

 

・漆皿 4,104円(税込)

 

・カレースプーン 594円(税込)

 

・季節の手ぬぐい 864円(税込)

 

・スープカップ 1,944円(税込)

 

・薬味小皿 702円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

 

 

━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

 

 

 

 

 

 

「下駄・草履のサイズの選び方?」

  • 2016.08.15 Monday
  • 00:17

 

 

 

 

 

It's customary to wear sandals that are a bit smaller than your actual size, to appear more dainty.

 

 

 

 

 花火見物・夜店めぐりなど、色とりどりの浴衣を着てお出かけするのも夏の楽しみ。

 

 最近は手軽にレンタルで着付けもヘアメイクも小物まで、至れり尽くせりの支度をしてくれるショップが増えました。

 

 京都旅行のオプションとして、"着物や浴衣で街歩き"を楽しむ女性グループやカップルもよく見かけます。

 

 また、外国人観光客の和装への関心も高く、お土産に下駄や雪駄を求められることも。

 

 ジーンズに合わされても似合うから不思議です。

 

 

 

 ただ、サイズを選ばれる場面で少々悩まれます。

 

 そもそも下駄や草履などの和装履物は、靴などとは違い、かかとを出して履くのが正しい履き方です。

 

  履いた時、1〜3僂かとが出るくらいが”粋な合わせ方”と言われています。

  

 

 

 でも、それは日本独自の文化、スタイルです。

 

 靴のように足にぴったりのサイズを求められる外国の方になかなかそれを上手く伝えるのは難しいです。

 

 日本でよく使う「粋な」というニュアンスにぴったりの英語が見当たらなくて、どう説明したらいいかスタッフも頭を悩ませていました。

 

 そこで、あるスタッフが言葉よりビジュアルで見て頂いた方がわかって貰いやすいのでは?との意見で、上記の写真と英文で見て頂くことにしました。

 

 

 

 早速効果てきめん!

 

 「Oh!all right!」 

 

 日本スタイルをお伝えできてよかった〜と思える瞬間です。

 

 

 




 

 

 



     
━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

 

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

 

http://kyo-katsuragi.com/

 

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

━ 夏も近づく八十八夜 ━

  • 2016.04.25 Monday
  • 13:41


一気に陽射しが強まり、新緑の季節となりました。



鴨川沿いの青紅葉や銀杏も若葉が生えそろう頃で

まだいかにも柔らかそうな青葉が、煎茶のような優しい

緑色をしています。



そして煎茶といえばもうすぐ八十八夜。

閏年の今年は立春から数えて88日目の五月一日が八十八夜です。



地域によって差はありますが、八十八夜を中心に、

四月上旬から五月中旬に茶摘みをし、

はじめの十五日間に摘んだ茶葉が最上の一番茶とされています。




新緑で美味なお茶が出揃うシーズン。


ぜひお気に入りのお菓子やお漬け物を御茶請けに、


ほっこりとお茶の時間をお楽しみ下さい。








唐草千鳥付急須  ¥2592
かぶ絵ゆのみ    ¥1296
横向き人形箸置  ¥302
みたらし団子箸置 ¥378
清水焼豆皿     ¥648
木製トレー      ¥2160









粉引京十草ポット    ¥1728
粉引刷毛線彫ゆのみ ¥1728
三色団子箸置      ¥378
木のお皿         ¥432
サオデザートフォーク ¥237
い草ランチョンマット  ¥648






ーー

木製急須      ¥3780
木製ゆのみ     ¥1620
お菓子皿      ¥918
お菓子フォーク   ¥572
あじろお茶道具箱  ¥9720 




・表記のお値段はすべて税込み価格です。




 






 



     
    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)

所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 
 

「いつ飾る? お正月飾り」

  • 2015.12.27 Sunday
  • 20:39


クリスマスが終わると、一気にお正月ムードが高まります。
この頃から、かつらぎにもお正月商品を探しにたくさんのお客様がいらっしゃいます。

もち花・〆縄リース・青竹の杓など・・・

大掃除できれいになったお部屋や玄関に飾ると気持ち良く新年が迎えられそうですね。




一般的にお正月飾りは、29日(縁起を担ぐ為)と31日(一夜飾り)を避けて28日か30日に飾る事が多いそうです。

お正月飾りは歳神様をお迎えする為のもので、歳神様は31日の朝に来るとされているので、30日迄に飾り終えておきたいですよね。

今年は29日が大安に当たるため、29日でも良いそうですよ。

28日、29日、30日の間に大掃除を終わらせてはいかがでしょう。



今年もあと少し、終わり良ければ全て良し。

皆様、良いお年を迎えられますように!







*かつらぎは、元旦はお休みを頂き2日より通常営業をいたします。

来る年もどうぞお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。            























 

迎春飾り「もち花」
 
  一袋で約40玉できます。  ¥864  (税込)

 
迎春飾り「青竹のひしゃく」
 
          青竹杓 ¥810  (税込)

          青竹杓置 3本組 ¥540 (税込)
               2本組 ¥432 (税込)








 



     
    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━

営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 



 

「京都駅」

  • 2015.11.04 Wednesday
  • 18:00





今日の京都はとても美しい青空でした。


 

京都駅烏丸中央口の「京都タワー」。地上からの高さは 131メートル。



京都市内で最も高い建造物だそうです。
 



秋の観光シーズンが到来し、駅前は、いつもにまして多くの人が行き交っています。












京都に着いてすぐに、とまどうのが移動手段だと思います。



下の写真は、「清水寺/銀閣寺」行きのバスに乗るための順番待ちの列です。



旅先では、限られた時間を有効に使いたいものですが、

「秋の日はつるべ落とし」・・・

この時期の京都ではとくに、余裕をもって予定を組まなければいけません。








「かつらぎ」のお店は夜9時半まで営業しております。


京都一の繁華街、交通至便な河原町商店街にも、どうぞお立ちよりくださいませ。
 


 





 



     
    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 



 

「ロームシアター京都」いよいよ始動!

  • 2015.09.13 Sunday
  • 17:00

 
京都・岡崎の地で、1960年の開館以来京都市民に親しまれてきた「京都会館」が、2016年1月10日「ロームシアター京都」として、新たな歴史を紡ぐこととなりました。






 
今日、9月13日(日)に行われた竣工式に出席してきました。
 
山田啓二・京都府知事、門川大作・京都市長らの祝辞・テープカットの後、メインホールにて小澤征爾音楽塾による記念演奏会が開催されました。
『ベートーヴェン交響曲第九番より第四楽章』が、あの巨匠小澤征爾氏指揮の下約30分にわたって演奏され、第九のコーラスと共に力強く、華やかなステージ。
間近で拝見した小澤氏は、すっと入ってこられた瞬間細身のお体から醸し出されるオーラに包まれておられ、息をのみました。オープニングにこれ以上はない演奏会でした。













 
新旧生まれ変わりの瞬間に立ち会え、またこれから何十年と刻をきざんでゆくであろう姿を眩しい思いで見上げてきました!

 
近代建築の傑作のひとつといわれた「京都会館」の文化的価値を残しつつ、より高度な機能を盛り込んだ新しい殿堂として、これからも京都の地で広く愛されることを願っています。







2016年1月10日 OPENより多彩なお披露目公演が執り行われます。
くわしくはWEBサイト(http://rohmtheatrekyoto.jp/)








 



     
    

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━

【 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 




 

「手づくりおじゃみ」

  • 2014.12.18 Thursday
  • 04:18



かつらぎのお店には、毎日たくさんのお客様がお越しになります。



世界中、遠い各国からも旅の途中でお立ち寄りいただきます。








でも、一日のうちには、



ふっとお客様が途切れる時間があります。






そんなすきま時間を利用して、


スタッフさんが ちくちく針仕事をしています。









今日は、

「おじゃみ」を縫っているようです。




「お手玉」のことを関西では「おじゃみ」と呼ぶのが一般的ですが、


その起源はだいぶ古くて、


一説には4千年前のギリシャやトルコやインドにまでさかのぼるようです。








ちょっと急がないと、在庫が少ないようですね・・・・・。








かつらぎの「おじゃみ」は、


京ちりめんの手触りが優しく、心のこもった手づくりです。











【  京ちりめん「おじゃみ」  】

  小・・・ひとつ 324円(税込み)

  大・・・ひとつ 410円(税込み)















 



     
    ━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━       

 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 







 

「 師走のお楽しみ 」

  • 2014.12.01 Monday
  • 00:01


早いもので、カレンダーも残すところあと一枚、いよいよ師走の到来です。



この時期になりますと、クリスマスやお正月等の楽しい行事が間近ですので、行き交う人も、イルミネーションで飾られた街もどことなく楽しげに高揚して見えます。



かつらぎにも色とりどりの目に楽しいお正月の小物が並び、街と同じく一年の中でも店内が特に華やいだ雰囲気になっております。
                    











 
ミニ凧「迎春」   ¥270
ミニ凧「浮世絵」  ¥2484
凧「賀正」      ¥1728
ミニ羽子板     ¥118
羽根         ¥86〜583
娘羽子板      ¥756
水引鶴       ¥237
獅子頭       ¥2160
独楽         ¥378
手回し独楽(小)¥1036 (大)¥1479  
双六         ¥399
百人一首      ¥2700
ぽち袋       ¥324
梅の風呂敷    ¥1620













年賀状3枚入り   各¥324





 
新しい年の始まりに、毎日の生活用品を新しいものに替えますと、
気分が一新され気持ちのよいものです。
 
皆様にも衣服やタオル、日記帳等日常の細々したものを新年に合わせて
替えられる方が多いことと思います。
 
例えば、私はお正月の両口箸の後に、お箸を新しくおろすことを習慣に
しています。
 
新年の朝に、お気に入りの新しいお箸をおろす、小さな事ですが毎年の
楽しみになります。

 
新年に身の回りの品を何か一つ新しいものに替える、ささやかな楽しみを
よろしければお試し下さい。


* 青竹杓、杓置きの入荷は12月中旬予定です。




 




 








 

 


   ━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━       

 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

  http://kyo-katsuragi.com/ 京都 和雑貨 お土産 郷土玩具 kyo-katsuragi かつらぎ




 

京の「お地蔵さん」のこと

  • 2014.08.18 Monday
  • 19:58



大文字の送り火も過ぎ、京都のお盆の最終行事、「地蔵盆」が近づいてまいりました。

地蔵盆は、8/23.24になりますと、各町内ごとに町内におられるお地蔵さんの衣を新しいものに取り替え、(土地によってはお地蔵さんに白粉もつけます) 供物、灯明をお供えし、仏明を唱えるならわしです。

お地蔵さんは子供を守ってくださる菩薩様ですので、子供達は皆、お地蔵さんの前に集まり、ゲームをしたり、福引きをしたり、おやつをいただいたりして、夏の終わりの一日を過ごします。
京都で子供時代を過ごされた方は、夏休み終盤の楽しい行事として、懐かしく思い出される方も多いと思います。



町を歩いていると、いたる所にお地蔵さんの祠があります。
お地蔵さんの容姿は実に様々。
目鼻や指先まで細やかに彫られたお地蔵さんもおられますし、片やまるで一刀彫りのような輪郭のお地蔵さんも。

共通しているのは穏やかな佇まい。
 
かつらぎのお地蔵さんも、 優しいお顔をなさってます。








 



・銅製地蔵  (サイズ縦 7.5 × 5.5 ) ¥1,458(税込み)





・銅製地蔵  (サイズ縦 8.0 × 3.5 )  ¥1,188(税込み)






 ・焼〆地蔵  (サイズ縦 5.5 × 4.5 )   ¥2,700(税込み)







・焼〆地蔵  (サイズ縦 7.5 × 4 )  ¥2,700(税込み)







*** お地蔵さんについて ***
お地蔵さんの研究をされている方の著書によりますと、お地蔵さん(地蔵菩薩)は全ての人々を救いきるまでは、
自らは成仏しない事を誓った菩薩、つまり、自らの悟りを得て如来になる事よりも、人々を救うことを優先してくださっている
ありがたい存在なのだそうです。
そして意外な事に、お地蔵さんと冥府の裁判官である閻魔大王は同一の存在との事。
この世におられる時はお地蔵さんとして、あの世におられる時は閻魔大王として、どちらも人々との距離がとても近い存在でいてくださっているという事なのでしょう。






 
 


   ━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━       

 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 

  http://kyo-katsuragi.com/ 京都 和雑貨 お土産 郷土玩具 kyo-katsuragi かつらぎ









 



 

「 暑い時期の食卓に 」

  • 2014.07.01 Tuesday
  • 00:27



真夏が近づくにつれ、いただく機会が増えるつるりとした食感が嬉しい冷や奴や素麺。
暑い時期でも食べやすく、また薬味の組み合わせ方次第で、色々な味の変化を楽しめるのも、変わらぬ人気の一因でしょう。



昔ながらの代表的な薬味は、青葱・すり胡麻・生姜・もみ海苔・大葉・茗荷などがあります。


 





 

中でも胡麻は、疲労回復に効果の高いビタミンB群が豊富に含まれていますので、夏場の栄養補給にもうってつけです。
お食事をされる直前に胡麻を煎ってすり鉢で擦りますと、胡麻の香ばしい風味が増し、一段と美味しくいただけます。



 




 

暑い間は食が細くなりがちですので、盛り付けに竹製のざるのお皿や、コースターを取り入れて、目に涼しい食事をしつらえてみてはどうでしょうか。


 











薬味に、微塵切りしたぬか漬けの胡瓜を加えますと、歯応えが良く食が進みます。

余ったら、玉子焼き、豆腐ハンバーグ等の中に入れられてもよく合いますよ。
ぬか漬けですので、汗をかいた後のミネラル補給としてもおすすめです。









 



     
    ━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━       

 京都 趣味の和雑貨 かつらぎ 】

http://kyo-katsuragi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━


営業時間 10:30 〜 21:30
年中無休(元旦のみ休業)


所在地:〒604-8032 京都府 京都市中京区河原町通六角下ル山崎町241

TEL  075-221-2015 / FAX  075-252-4858

 







 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

total access

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM